ははずきんちゃん

東京23区東部在住。37歳妊娠、胎盤ができる位置に子宮筋腫があり胎盤がふり落とされる可能性とのことでハイリスク妊婦になる。妊娠初期から出血がつづき、ほぼ安静の妊婦生活。その後、無事38歳で息子を出産。息子3才になり私の気持ちや体調が落ち着いてきたので今までの日々や今後の日々を綴ってみたいと思います。

2014年10月26日〜10月31日までのほんのり安静生活

不安だが 何とか日々が 過ぎている

10月26日
夕方ここ最近、胃や腸が痛くなるのに鉄剤の薬を飲み胃薬も飲んだせいか
今日は痛くない。胃薬が効いているのかな。
胎動、あまりお腹がトントンしない日だったけど
夫が手を置いた瞬間すぐトンとしてくれた。

10月27日
 6ヶ月目
ウンチの時、赤い点が一粒出る。
洗濯したり布団カバーたたんだり家事が多い日。

10月28日
ご飯時だと申し訳なくこれからウンチウンチと連続になりそうなので
以下ウンチは△とする。
△の時ピンクベージュのおりものが出る。
家でヨガしてマッサージをする。
このまえ処方してもらったお薬を調剤薬局ジェネリックに変更して出して
もらったため急に心配になり
病院に午前中電話。
病院「ナトリウムと胃薬はよく出しているお薬です。」
お薬の名前を伝えると薬自体は何の問題もなさそう。
(処方された薬はクエン酸第一鉄Na錠50mg「サワイ」だったかな。)
病院「カルテが手元にないので調べるのに少し時間がかかるので
2時過ぎにもう一度電話してください」とのこと。

2時を過ぎたのでもう一度電話してしてみると
病院「内容量も大丈夫ですよ。2つとも先生から処方されたお薬ですので大丈夫です。」
次の検診まで鉄剤を飲みきることになる。△が黒くなってきた。

10月29日
△の時、不安になり過ぎ。もう気にしないで良いのか、ちゃんとしたオリモノが
分からなくなっている。
△の時にピンクよりベージュにも見えなくはないオリモノが出る。ベージュなのかな。
歩いて10分くらいの銀行へ行く。途中からお腹が痛くなり始める。
銀行へ着き記帳したいけど行列。お腹が酷く痛くなるかもしれないから気が気ではなく
治ったり痛みの波がくる繰り返しだったけど記帳が無事できた。
ようやく治ってきて赤札堂のぞいてみた。
近所のマツキヨ(家まであと3分)で痛みの大波がきて家に戻る。
家に着きお腹がくだる。山盛り△が出たらすっきりしてお腹が軽くなった。
家を出る前、喉が渇いて牛乳を一気飲みしたからかな。
家で休み様子をみる。
夕飯を食べて鉄剤飲もうとしたら喉に入っていかずモタモタしていたら
白い鉄剤が黄色くなってきて鉄の味がしてきた。
5回目のチャレンジでようやく飲めたけど口が鉄臭い。

10月30日
△の時にピンクベージュオリモノが出る。
産後は夫の母に頼みたいけどどうなるのかな。
もしもの時のために産後ケアセンターも調べてみると
世田谷の産後ケアセンターは区外でも使用できるみたい。
区外だと1泊3万円くらいか。できるだけ楽しい産後生活を送りたい。
昨日、鉄剤飲みを失敗したから今日は気合いを入れる。そしたら1回で飲めた!

10月31日
△の時にピンクベージュおりもの。
ほぼ安静妊婦になってお仕事を減らしたので夫の扶養に入る手続きに窓口へ行く。
家に戻り、冷えとり靴下の穴のあいたところを繕う。
(冷えとり靴下ブームに乗り、この頃新しい靴下を買い替えたりして
2万〜3万くらい出費していたけど、数年後この靴下が原因と思われる負傷?
みたいなものをしてしまい冷えとり靴下の重ね履きをやめることになった。
そして他の本で冷えとり靴下の効果はそれほどないとか反論意見みたいなものも
出始めた。時代なのかな。詳しくはまた数年後。。)
そして産後ケアセンターを利用したお友達と電話していろいろ教えてもらう。
ご飯もおいしくセンターもキレイ。
夜、赤ちゃん預かってくれたりマッサージや足湯もあるそう。

実家の父にケアセンターの話を電話したら安心だと言っていた。
あと鉄剤と胃薬は毎日一緒に飲まなくてもよくて
胃が痛くなったら飲めばいいものだと父と友人が教えてくれた。 
本日、妊婦初!昼寝しない日。