ははずきんちゃん

東京23区東部在住。37歳妊娠、胎盤ができる位置に子宮筋腫があり胎盤がふり落とされる可能性とのことでハイリスク妊婦になる。妊娠初期から出血がつづき、ほぼ安静の妊婦生活。その後、無事38歳で息子を出産。息子3才になり私の気持ちや体調が落ち着いてきたので今までの日々や今後の日々を綴ってみたいと思います。

2018年2月に受けた乳がん検診の結果の日

怖いから 結果も何も 聞きたくない

午前中、歯科検診があり気持ちは歯どころではないけど前から予約していたから
行くしか(行く歯科)ない。
午後は乳がん検診の結果を聞きに行く予定。

歯を診てもらったところ大丈夫だった。

次お昼。
おにぎりは持っているけど乳がん検診を受けた病院で長時間検査されるかもしれないと思い、お腹いっぱいに食べなければと久しぶりにフレッシュネスバーガーへ寄る。

初めて食べたベーコンオムレツバーガーも熱々で美味しかったなぁ。
今度また食べよう。

怖いけどいざ病院へ。
何も気にしないつもり。何も考えないつもり。
でも病院に近づくにつれドキドキしてきた。

到着し受付して待合室で過ごす。
最近、眠りが浅くて
(やっぱりこの前お医者さんに言われた事が怖かったからだと思うのだけど)
前の私だったら3週間一睡も出来ず過ごしていただろうな。
少し眠れただけ精神力がついたと思おう。
スクワットを始めてから少し精神が強くなった気がする。
とはいえまだ並の人の精神力にはなっていないけど。

ドキドキするけど何となく目を閉じて待つ。

ようやく呼ばれて結果発表。
結果からいうと異常なし。
マンモグラフィでは少し石灰化されている部分はあるけれど問題なし。
触診も異常なし。(結果表に胸の大きさ、形まで記されているのだなぁ。)

血液検査もプロラクチンの数値は正常範囲。脳に腫瘍はなく
卒乳してから2年後も母乳が出ているのは体質でしょう。とのこと。
母乳が出つづけていると病変になりやすく
母乳が通る管の部分は超音波よりもマンモの方がわかるので
一年に一回はマンモグラフィを受けましょうとのこと。

イケメン男性医師はとても優しい声で説明してくれた。
先日は怖い顔と怖い声だったのに
何?この飴とムチ!この男性医師、変にクセになる〜〜。

この男性医師に関わると正常な感情ではいられなくなりそう。
だからこの病院に来るのはもうやめよう。何か危険を感じる。

でもマンモグラフィの検査が受けられる病院少ないから
また探さないといけないのが面倒だけど探したほうがいいね。と自分に言い聞かせる。

そしてホームセンターで待ち合わせをしていた夫と息子と再会。
今回の結果の無事を喜ぶ。

 ネットでこの病院の口コミの情報を前に見た時、評判が悪かったけどやっぱり悪かったのかなぁ。
病院ってクチコミが良くっても悪い場合があり信じられないから少し悪く書いてある方がちょうど良いかと思ったのだけど。
食べ物屋さんの口コミは割と評判通りだったりするのに病院はクチコミ通りにはいかない気がする。難しいなぁ。

追記:
『死ぬまで歩くにはスクワットだけすればいい』小林弘幸著(幻冬舎)をプレゼントしてもらったのでスクワットを始める。
足腰を鍛えるだけでなく、心身の老化を防ぐ「スクワット6週間プログラム」だそうだ。自律神経なども整うとか。
自律神経が乱れている自覚のある私はせっせとスクワットを始めた。
死ぬまで歩くとか今はそこまで考えられないが尿もれや冷えや肩こり気になることが改善されるように書いてあるので信じてスクワットをやってみようと思う。 

そして健康に長生きできればいいな。
わぁ!気がつけば死ぬまで歩こうとしている!頑張る私!