ははずきんちゃん

東京23区東部在住。36歳頃に胎盤ができる位置に子宮筋腫ありと診断され、医師から不妊治療を勧められる。37歳で妊娠するも筋腫が邪魔をし胎盤がふり落とされる可能性とのことでハイリスク妊婦になる。妊娠初期から出血がつづき、ほぼ安静の妊婦生活。38歳で息子を出産。息子3才になり私の気持ちや体調が落ち着いてきたので今までの日々や今後の日々を綴ってみたいと思います。

2014年12月2日〜12月日のほんのり安静生活

誰が言う 洗剤を飲みたがる声 恐ろしい

12月2日
子宮チクチクおさまってきた。
ベージュのおりものの中に小さな赤い点が一粒まざっていた。
ゴロゴロしつつ洗濯物したり取り込んだりしながらも出来る限り安静にする。
その間にガスメーターの交換の作業員が来たりした。ガス臭い。
もらった用紙もガス臭い。
産後お世話なしで過ごす人たちはどうしているのかネットで調べる。
1人目ならどうにか過ごせるようだ。
友人も1人目で「里帰りせずになんとかなった。」と言っていた。
だけど3泊くらいで産後ケアセンターには行ったそうだ。
母親はいるのだけどお世話になれる感じではなかったみたい。

12月3日
ちよっと子宮が痛い日。
湯で小豆の汁の色のおりものが3回出る。
お腹が重くて動きがにぶる。

私が安静にできるように
毎日、夫が朝昼夕飯の用意をしてくれてお仕事へ行く。
2人でどうにか過ごせているけど、夫の疲れがたまりませんようにと願う。
それで夫が鉄分や葉酸がとれるようにと
小松菜やほうれん草のおひたしなど作ってくれるのだけど
体が拒否してどうしても食べたくない。
他のものは美味しいのに
なぜだか鉄分や葉酸が多く含まれる野菜は食べたくない。
けど薬だと思って食べている。苦行だ。
今、大切というものを拒否する体のくせに
妊娠中どうしても洗濯洗剤の液体が飲みたくて仕方がない。
洗濯する度に飲みたくて必死に飲まないようにこらえる戦いが毎回つづく。
飲んだら危険。だけど飲みたい。この怖い欲求はなんなのだろう。
自分から自滅の道を進もうとするこの欲求が恐ろしい。
妊娠中、一番飲みたいもの液体洗剤。

12月4日
雨で寒いからか子宮の真ん中がズキズキする。
今日は5回ピンク出血のおりものが出る。
むくみ解消に小豆汁を作って飲む。
のんびりレバニラ作る。

12月5日
2回ピンク出血のおりものが出る。
公園にお散歩に行って少し図書館よって家に戻る。
息苦しい。少しだけなのに疲れた。
スパッツやズボンが前よりきつくなったのでサイズを大きくした。
ここ1〜2週間でお腹が大きくなってきた。

 

2014年11月29日〜12月1日のほんのり安静生活

ウィルスか 夫のめまいが 急にきた


11月29日
朝、8時頃から10時頃まで恥骨あたりがモヤモヤ痛い。冷えかな。
3回、ゆで小豆汁色のおりものが出る。
ゴロゴロして夫が作ってくれた料理を食べる。夫休日。
ベビーベッドをネットで調べてみる。
お洒落なのも欲しいけどいつまで使うのだろう。
STOKKEのベビーベッドは10才くらいまで使えるのか。
別売りのストッケスリーピージュニアキットを使えば全長172センチ
(内寸165センチ)のジュニアベッドになるそう。
丸くてかわいいけど買うと10万くらい。
レンタルも良さそうだけど、もしレンタルして欲しくなった場合は
さらに買ってしまうし、レンタルして欲しくなるくらいなら
最初から買った方が良さそう。
お手頃な折りたたみできるのでもの良さそう。
お布団とかいろいろ買うとまた出費もかさむなぁ。色々悩む。

www.farska.com

www.stokke.com

11月30日
今日は一回ゆで小豆汁色のおりもの出る。
夫と公園へお散歩。
紅葉。栃木日光の旅行へ行ったことを思い出す。
スーパーへ行って冷えた夫は家に帰ってきて
窓際で日光浴をしていた。
すると急にめまいがすると言い出しベッドへ。
寝ても治らず何かの風邪かもしれないので私は一応マスクをする。
夫は寝室から移動してリビングで寝る事にした。隔離。
なんとかお昼は食べたけど夕飯は食欲がない。
私ひとまずネットで調べる。
起き上がれなくなった夫は熱はなく平熱。
日曜だからお医者さんやってない。誰に相談すればいいんだろう。
私悩む。心配でお腹痛い。

夫「お腹気持ち悪い。食あたりかな。」

そう言えば義兄もこの間めまいがしたとか言っていた話を思い出した。
もしやと思い姉に電話する。
症状を説明すると
(義兄は同じような症状で)点滴を2時間も座って打けたから
37、5度の熱が出たけど無理しなければ大丈夫だよ〜。との事。
そのときの薬を持って行くよ。と義兄は言う。
だけど薬をもらうなんて怖いので夫に聞いてみると飲むと言う。怖いもの知らず。

義兄やってきてお薬の説明をしてくれた。

夫にニンニクしょうが大根葉のスープを私が作り飲ませた。
(なんでニンニク入れてるんだろう。
お腹弱っているのに大丈夫なのかな。看病苦手)
お薬も飲んでトマトジュース飲んで夫寝る。
私はおじや作って食べてシャワー浴びて寝る。
明日には治るといいな。

 

12月1日
夫よく眠れたようだ。歩けるそうだ。完治したみたい。
私は一晩心配で眠れなかった。なんて繊細なのだろう。
夫、朝ご飯やお弁当作ってくれた。
夫、会社へ行き、私安静。寝る。
起きて鉄分摂るためレバニラ作る。牛乳で臭みとってみる。
レバー触るとにゅるにゅるしてて気持ちよかった。
だけどお医者さんに聞いたら鉄分にほうれん草と言っていたけど
レバー勧められなかった。火の通りが悪いと危ないからあまり勧めていないのかな。

夫、渋谷で大判焼き買って帰宅。
夜食に味の濃くなったレバニラ食べる。

2014年11月26日〜11月28日のほんのり安静生活

厄介な 身内は邪魔に なりにける

11月26日
2回ゆで小豆の汁のような出血をする。
14時半ころ、友達が遊びに来てくれた。
ゴロゴロしながらおしゃべり。
お土産にドーナツと腹帯をもらう。
私「二日くらいエロい夢を見ているんだけど、どういう事?」
友「妊娠中そうだったかも」
これもホルモンかな。妊婦中に性欲が増す意味ってなんだろう。
妊婦中は性欲いらない気がするけど。
18時くらいまでお話して帰宅。
夕飯を食べていたら夫から「おやつに餃子どうぞ。」とメールが来て6個食べた。
父から「大丈夫か」の確認の電話あり。
夫、帰宅後23時頃一緒に夜食。
信玄餅味のカントリーマームは特に信玄餅の味はしなかった。

「”信玄餅の特徴の黒みつの絶妙なバランスを再現したカントリーマアムです。」との商品説明を読むと信玄餅の味がしないと言って申し訳なく思う。
www.fujiya-peko.co.jp

 

11月27日

昨日友人が来てくれてほど良い体力を使ったからかエロい夢はみなかった。
最近、左の子宮あたりがキリキリ痛んでいたけど今日は痛みが少なくなった。
3度、ゆで小豆の汁のような出血をする。
12時過ぎに近所の百円ショップへ行く。
久しぶりの青空。

11月28日
今日は子宮がキリッチクッと痛む。
2度、ゆで小豆の汁のような出血をする。
都民共済に入院したので電話して書類送ってもらう。
産後、頼る身内なしと言うことで
世田谷にある産後ケアセンターに電話。
混みあっているから利用する時にはこまめに電話して
空きがあるか確認してくださいとのこと。
電話を切ると
義母から泣きだしそうな弱々しい声で電話あり。
「この間の事、心配しちゃって眠れなくなって、私わりとこうなの。。
何かあったら電話してね。」
私「大丈夫ですよ〜。あかあさんたくさん寝てくださいね。」と一応言う。
義母、弱気な声、負の波が押し寄せてきた。

私が大変な時に変な気を使わせるな。
義母を応援してしている場合ではない。
子宮が突然痛くなってきた。
子宮がとれたらどうしてくれる。
ダメだ。安静にしよう。
一気に憂鬱。一体何の気を押し付けて行ったのか。
義母に少しでも悩ませる事を言ったら
また気にして電話をかけてくるだろうし。。
眠れないだろうし。うらめしやって、なぜかいいそう。
私ってかわいそうでしょとアピールされたら
言いたい事があってもこれじゃこっちが我慢するしかないじゃないか。
負の波に飲み込まれ、私寝込む。
「呪われる。イヤだよ。つらいよ〜。こわいよ〜。」
気分よ!変われ!
だけど5時間くらい呪われつづけた。
少し親子不仲の原因が分かってきた。
言いたい事を言ってケンカしようよ。
義母よ。自分で持ってきた地雷の火の粉が舞って煙でも吸ったのか。
なぜ弱りはじめた?
弱っているのはこっちだぞ。
ゾンビのように生きていないでおくれよ。いや、ゾンビの方が元気そう。
なんだこれ。

2014年11月22日〜11月25日のほんのり安静生活

親子溝 埋まる事なく 深くなり

11月22日
退院して自宅で過ごす一日目。鉄剤を飲まないはじまりの日。
久しぶりの家、ぐっすり眠れた。
夫がトマトツナパスタを作ってくれた。
ひなたぼっこしながら安静。夫が家の事をしてくれる。

そうだ。義母に電話して明日来てもらおうかな。
親子仲の悪い夫はもう少し休んで後日にしたほうがいいよ。と言ってくれたけど
今後、何かとお世話になると思い
早めに産後の打ち合わせがしたかったので電話。
私「明日ゴロゴロしてますけど良かったら来てください。」
義母「明日ブロッコリーとか持って行くからね。」
私は仲良し家族の家で育ったので不仲の家族がよくわからない。
なので義母と夫がいつか仲良くなれるといいな。と思って
私は義母に電話やメール等、頻繁にしていた。
お昼に夫が天ぷら定食作ってくれてお腹いっぱい食べて一眠り。
19時になる。スーパーに買い物へ行き21時に夕飯しゃぶしゃぶ鍋。
もう遅い時間。

 

11月23日
夫ご飯作り、家の掃除してくれる。私ひなたぼっこして着替える。

義母、遅いな。
いつ来るのかと待っていたら電話がかかってきて
すでに家の前にいるとのこと。
義母が作ってくれたお赤飯を食べながら楽しく過ごしていたのだけど
夫に、ものすごい大きな鉄球をぶち込んできた。
義母、地雷連打、踏みまくる。
義母、再起できないほどの打撃を夫に与える。
みぞおち辺りを突いてえぐり取り、あっさりノックアウトする。義母最強。

もともと親子仲が悪いというのに肝心な時に。。
一応、義母の心配や親切心から出たようなのだけど。
せっかく頼れる身内が1人だけいたというのにもう頼れない。
産後、面倒をみてくれようとする、やる気満々の義母帰宅。

私の父に電話すると
「義母を家に入れたら旦那殺されるよ。やめな。頼るな。」との事。
母のいない私はこれからどうして生きていこうか。
今まで1人で何かを育てる事に成功もしていないのに。
皆があきれるほどドジなのに。
無事に子が産まれてきても夫のいない平日、無事に育てられるだろうか。

義母から「ごめんね」と電話があったけどもうダメだ。
きっと何が悪いのか本質が分かっていない。
人の溝は修復不可能。

私も大泣きして夫とひとまず昼寝。
寝起きに気持ち悪くなったけど乗り越え
イッテQみながら夫の作ったカレーライスを山盛り食べた。

11月24日
義母ストレスか入院手前の出血。レバーのような固まりが1センチくらいでた。
3回ほど出血してまた寝る。夫はストレス寝。
たくさん寝て鼻水が出て鼻声になった。

 

11月25日
今日から夫お仕事のため私1人デビュー。
暑くて3度、目が覚める。明け方トイレに入るとまた出血。
お腹の張りはない。
不安なので父に電話。
父「お医者さんの言っている事を信じてストレスなく過ごすことだよ。お腹がある程度大きくなったら子が大きくなるだけだから、しばらくしたら出血も少しおさまるかもしれないよ。完全には止まらないだろうけど。」
私「そうかもしれない。
ウンチすると出血するからしたくないのにウンチしたくなってきたよ〜」
電話切りこわごわトイレに行くと少し出血。
病院に母親学級キャンセルの電話してしばらくすると父から電話。
父「どうだった?」
私「少し出血したけど大丈夫だった。」
夕飯食べてゴロゴロして
踊る!さんま御殿みてたら父から電話「大丈夫?」
私「無事だよ〜。さんまみてる。」
夫、23時ころ家着。

「酒粕甘酒」VS「米麹の甘酒」

酒粕の 調査開始と 意気込んだ

テレビで「甘酒酒粕」と言っているのを耳にし
私が利用している甘酒と何か違うのか気になり調べてみました。
普段使っている甘酒は『おちち甘酒』
米麹、白米(熊本県産 阿蘇の米100%)
無添加、ノンアルコールなので妊婦さんお子様も安心。

kaijimashoten.shop


飲みはじめたきっかけは夏場にもらった『おちち甘酒』を飲んだら元気になった。
あれ?すごいかも!?
暑くてばててたのに回復力の早いこと。

こうなると甘酒が必要だ!
ネットで取り寄せるようになり欠かさず常備する。
毎日お味噌汁、炒め物、お肉料理などあれこれに隠し味で大さじ3杯ほど入れる。
お砂糖の変わりに卵焼きに入れる。
たまご2つ、甘酒大さじ2、牛乳大さじ2くらいの割り合い。
ほんのり甘くて美味しい。

だけどふと思った。
テレビで言っていた「甘酒酒粕」は『おちち甘酒』でいいのかな。
他のも試してみようと
近所のスーパーで『上善水の如し』の甘酒の固まりを買ってみた。

上善如水 純米吟醸の酒粕

『上善水の如し』は原材料名に米、米こうじと記載あり
アルコールは入っていないと思い買ってみると
下の方に本品はアルコールが含まれております。お子様ご注意って。
はやく言ってよー。買っちゃったよ。原材料名にアルコールも記載して欲しかった。
他の甘酒は原材料名に記載があったので避けたのに。
ネットで調べてみると沸騰させてもアルコールは1%は残るとのこと。

お味噌汁に入れてみる。
固まっている部分を食べるとお酒の味がする。
きんぴらもねっとりとしてお酒の風味のクセが出る。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
砂糖とアルコールが入っていない甘酒「米麹の甘酒」←「飲む点滴」紫外線対策

砂糖とアルコールが入りの甘酒が「酒粕甘酒」←油を排出するダイエット向き
寝付きが良くなる。美肌・美白。便秘解消。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

と言う事は『おちち甘酒』は「米麹の甘酒」で
『上善水の如し』はお砂糖は原材料名に記載されてないけど
酒粕甘酒」ってことかな。

大きく「米麹の甘酒」か「酒粕甘酒」ってパッケージに書いてくれるといいに。
私が気がついてないだけなのか。
食材を見極めるクセをつけさせようと細かく書いてあるのか。
もっと読解力を身につけよ。という事なのか。
調べるのが若干、面倒になってきた。
『おちち甘酒』で体力復活出来るからひきつづき
『おちち甘酒』また取り寄せようかな。
『上善水の如し』は1人で飲む用にしよう。


2014年11月21日入院生活8日目

家恋し 病院出るのも 怖いけど

3回ほど目が覚めたけど一応眠れた。
7時40分頃、胎児心拍確認。
トイレに行くとまた出血。
今日、退院予定だけどダメだったら一時退院にしてもらおう。
朝食までゴロゴロ寝る。
アンちゃんやって来て
「今日、お昼頃1回家に戻って病院(持病で通院しているところ)行くから
セーターにセーターじゃ変かな」
私「それより風が入ってきたら寒いよね〜」などとお話して
退院するかもしれないからアンちゃんがメールアドレス教えてくれた。

お部屋で朝食、ロールパンは夕飯用に1個とっておこう。
歯磨してアンちゃんに朝の出血で憂鬱だと話しながら歩く。

アンちゃんトイレに行くと言うので部屋に戻る。
よく昼寝もできるようになってきた。退院出来そうで力も抜けてきたかも。
ゴロンとしようとしたら先生やってきた。
先生「どうかしら?」
私「トイレ入ったら出血しました。」
先生「大丈夫だと思うけどね。1時頃エコー検査しますね。」

寝てたらホルダー検診と胎動があったらボタンを押す検診。
入院の時みたいな5分に一回の張りはなくなったみたい。
Ipod聴きつつ寝ちゃった。
お昼ご飯来ないと思っていたらテーブルに届いていた。
寝ぼけて辛いけど食べる。
すぐトイレ行くとまた出血。優しく出しているのに出る。
また寝る。
2時にようやく診察呼ばれ寝起きで体プルプル。
先生急いでいる。これから帝王切開の手術に行かなきゃいけないそうだ。

内診してもらう。
先生「痔かな。ピンクだけど。。出血してないけど不安?」
私「不安ですけどこれでも大丈夫だということですね。」
順調に育っているとのこと。頸管3.6センチ。
顔写ってない太ももだけの画像もらった。

助産師さんから入院の支払いの用紙をもらい、部屋に戻り荷物整理。
髪の毛キレイにしてお化粧をした。
少しスッキリして、横になりながら夫が来るのを待つ。
4時半ころ夫到着。
大判焼きとたいやき頼んで買って来てもらった。
大判焼きの方が美味しかった。たいやきは、しょっぱかった。
1階で夫に支払いしてもらい5階の受付で手続きしてもらい完了。
タクシー乗って帰る。
「久しぶりに外出られたー」
家に着いたら、お部屋がとてもピカピカしているように見えた。
夫が磨きあげたのかと思ったら、いつもと同じだって。
夫、ペペロンチーの作ってくれて、ドラえもんがやってた金曜日。
幸せな日常。

dora-world.com

 

2014年11月20日入院生活7日目

環境が 似てるからかな ホッとする

途中、起きたりしたけど4〜5時間眠れた。
昨夜の田中さん別人のように静かだったな。
私がうるさいって思っているのわかったのかな。
そんなこともないだろうけど、あれだけうるさかったのに静かになると気になる。
朝方5時に昨夜、夜食にもらった紅茶メロンパンを食べた。
お砂糖落ちる〜。ゴロゴロしながら食べるなんて家じゃ出来ない。ちょっと楽しい。
少しウトウトして6時過ぎに絵日記描いた。
ティさんの様子を助産師さんが何度も診に来る。
ティさんにまだ管はつながっているけど特に目立った痛みはないみたい。
助産師さんにお水を飲ませてもらってスヤスヤ寝ていた。おならはまだ出ないらしい。

ラジオ聞きつつゴロゴロ。胎児心拍確認。元気だった。
朝食後、歯磨きに行ったらアンちゃんがいてお話をする。

膣洗浄の時間になっても呼ばれなく、10時に呼ばれたけど先生来なくて
私は台に乗ったままお尻を出したまま冷えながら過ごす。
ようやく先生が来て診てもらう。
私「トイレで踏ん張ったらうっすら出血しました。
2回出血と黄緑色のおりものです。」
先生「ちょっと茶色いのが出ますね。」大丈夫そうな言い方。

次はホルダー検診。
胎児が動いたらボタンを押さなければいけないのに寝ちゃった。

アンちゃんから井戸端会議の集合がかかり参加。
年の話になった。
61年生まれ60年生まれ58年生まれ。
私51年生まれ。なんだか辛い。いつ年とった?
38才には見えないと一応驚かれた。メルヘンちゃんとあだ名がついた。

部屋に戻って母親学級の用意をして30分寝る。
病院内の母親学級、5分遅れで着いて話し合いコーナーがあって
そういうところに集まる妊婦さんはエリート妊婦。私、疎外感。
お話を聞いても私に当てはまらないことばかり。
悲しくなりながら病室へ戻ると、前のお風呂の人が私に声をかけてくれた。
あれ?休もうとしているのに私4時半だけどなぁ。まだ3時45分ころ。
声の主を見つけようとしたけど、もういなかった。
助産師さんに聞いてもわからずにいると、私の声に気がついた人が出てきた。
30分みんな早くなっているので入ってもいいですよ〜。とのこと。
足湯しながらシャワーを浴びる。
次の人は産科じゃないから声かけるのに元気な人だといいなぁ。
恐る恐る次の人の病室へ行く。そしたらいつも廊下を歩いているおばあちゃんだった。

夕飯、食べる前に母親学級で悲しかった複雑な気持ちを
アンちゃんに話したりした。
あんちゃん31週「頸管は1.5センチで1週間経っても変わらないから体質かもって。
あと1週間様子見だよ」

夫がやってきて夕飯の牛乳をあげる。いらないらしいけど飲んだ。
アンちゃんも一緒にお話する。なぜか旦那さんと出会った場所を教えてくれた。

みんな解散し、胎児の心拍診てもらい大丈夫と確認してもらった。