ははずきんちゃん

東京23区東部在住。37歳妊娠、胎盤ができる位置に子宮筋腫があり胎盤がふり落とされる可能性とのことでハイリスク妊婦になる。妊娠初期から出血がつづき、ほぼ安静の妊婦生活。その後、無事38歳で息子を出産。息子3才になり私の気持ちや体調が落ち着いてきたので今までの日々や今後の日々を綴ってみたいと思います。

2014年7月19日 産婦人科の病院決定

辿り着く 縁があっての この病院

夫、義兄、姉、父の遠隔アドバイス(メールや電話)で
2駅先の△病院に決まった。
夫が休みの日一緒に病院へ行ってもらい問診票書き診察を待つ。

診察室に一回目入り先生とお話して2回目子宮を診てもらい
診察室3回目で先生に説明してもらう。
先生の説明はこんな感じ
「妊娠4週目くらいで赤ちゃんの袋があるけど
今のところ袋だけしか見えないので流産の可能性も。
ちょうど胎盤の位置に筋腫があり振り落とされて赤ちゃんが育たないかも。。
育っても赤ちゃんの出口付近にも2つ筋腫があるので旋回出来ず逆子になるでしょう。
出血も続いているので2週間安静にするように。
妊娠中は筋腫の痛みや筋腫の増大の可能性もあります。」

私「安静はどんな感じにしておけばいいですか?」
先生「山登りとかしなければいいでしょう。」

 この安静はどうやら日常生活はいいらしい。
山登りとかは普段してないから大丈夫かな。

筋腫は胎盤のところに3センチくらい。
出口付近に1、5センチが2個くらいだったかな。
私「この病院では産めますか?」
先生「産めますよ。」
とのことでひとまず安心だけど
もし産めても帝王切開にはなる可能性の方が高いらしい。
自然分娩は性格的に合わないかもしれないから帝王切開で産めるならいいかな。
一応前向き。
筋腫の痛みはどのくらいになるのか怖いな。

私「前の病院で止血剤をもらって飲んでいるのですが。。」
先生「おまじない程度なのでもう薬は飲まなくて良いでしょう」

前回の病院「産めません」と断ってくれてよかった。
薬飲むの不安だったけど処方されて飲まずに
一大事になったらどうしようと思って飲んだのに。余計な薬飲まされた気分。
△病院に来てよかった〜。

お風呂はばい菌が入るとダメなので湯船にはつかっていけないとのこと。
今まで朝風呂や夜風呂満喫していたのに。この冷え性どうしよう。。。

診察が終わりお会計を済ませる。
私が前回クラクラして倒れた病院に夫は自転車を引き取りに行き
私は電車に乗って家に帰る。
安静について夫と話し合いトランペット教室には2週間行っちゃダメ。と言われたが
家でのトランペットは許可がおりたのでゆっくり少しだけ吹いて気持ちがスッキリした。
少しつわりかなぁ。うっすら気持ち悪いので
お湯に梅干しとかして飲んだらすっきりした。
ご飯は食べたくない気もするけど夫が作ってくれた
生姜焼き、ご飯、ほうれん草ソテー、ラタトゥイユ、レタストマト大根サラダを
ゆっくり食べた。
この頃から料理やお風呂掃除は夫が担当してくれる。

追記:
だけどつわりのせいかほうれん草や小松菜のおひたしがものすごく食べたくなくて
葉酸やら鉄分が大切と夫が言うので毎食必死に食べていた。

そして私の飲みたいもの第一位が洗濯用洗剤だった。
毎日、飲んだらどうしようと洗濯しながら怖く
洗剤を口に持っていこうとする震える手を必死に止めた。
出産するまで洗濯用洗剤との戦いだった。
産後は洗濯用洗剤の欲はすっと消えていった。