ははずきんちゃん

東京23区東部在住。37歳妊娠、胎盤ができる位置に子宮筋腫があり胎盤がふり落とされる可能性とのことでハイリスク妊婦になる。妊娠初期から出血がつづき、ほぼ安静の妊婦生活。その後、無事38歳で息子を出産。息子3才になり私の気持ちや体調が落ち着いてきたので今までの日々や今後の日々を綴ってみたいと思います。

2014年9月27日妊婦検診

検診で 安心できるか どうなのか

今回の検診は検査の結果が出る日で大きな病気が見つかったらどうしよう。と
不安になりながら病院へ行った。
受付を済ますと尿検査に行くように言われ
尿を採るも緊張で本日2回目のウンチもする。

待合室でしばらく待って診察室でベッドで横になりお腹診てもらう。
先生「赤ちゃんは11センチ。ここが手です。左右先までありますね。
足も先まであります。ここが膀胱ですね。
筋腫は4センチですが大きくなるものですので良いでしょう。
(妊娠前は筋腫2.6センチくらい。)
この間の血液の検査は異常なしです。」

今日のおりものはベージュ色。
りもののことを伝えると内診もしてもらう事になった。

毎日のように出血したり何かしら出ているから
毎回検診で内診になってイヤな気分。
イヤになっててもしょうがないから内診してもらう。
先生「ちょっと濃いめのおりもの出ていますが少しカンジダでしょう。
お薬入れておきますね。」
「出血が少量なら湯船は浸かってもいいでしょう。湯あたりしない程度に。」

今日で15週と6日目ようやく湯船解禁。
日々怯えているけどどうにかここまで来た。湯船が楽しみ〜。
出血も減り少し安定してしてきたみたい。

帰りにマタニティグッズのパンツなど買う。

家着いて夫がパスタや色々なおかずを山盛り作ってくれたので食べつつ
テレビでU字工事見ながら
病院の検査結果にほっとしながら早めに寝た。